■ヨーロッパ1

ドイツ

ドイツでのワーキングホリデーは、ニュージーランド同様発給定員に制限が無く、
ワーキングホリデービザがヨーロッパ圏では取得しやすい国とされている。
日本からは、年間500人程度のワーキングホリデーメーカーが渡航している。

ビザ発給の条件にも注意しなければならない点があり、
例えば申請者の居住地によって、大使館管轄の東日本と、
総領事館管轄の西日本で提出書類や申請方法に若干違いがあり、
歯科治療から妊娠までをカバーした保険に加入する必要があり、
さらには、申請者が成人の場合でも、ワーキングホリデー滞在中の費用を保証する
保証人を立てなければならないなど、申請には注意が必要である。

滞在時のアルバイトは30日間しか認められてなく、また賃金も安いため、
アルバイトの収入のみを頼って渡航するのには注意が必要だ。

また、ドイツは法律でお店の営業時間が決まっており、
日曜・祝祭日にはスーパーですら閉店していることがあるので、買い物面には注意したい。

物価は基本的に安い。
特に航空運賃は格安であり、20〜30ユーロでヨーロッパのあちこちへ飛べるのは魅力。
ただし、外食等は人件費が高いために、出来れば自炊で済ませた方が経済的である。

デンマーク

デンマークはワーキングホリデー制度を日本と取極した一番新しいくにである。

デンマークは公用語のデンマーク語以外に、英語が話せる人が多いため、
大都市ならば英語しか分からないワーキングホリデーメーカーでも生活が可能である。
また、欧州の国としてはインターネットの普及率が高い国でもあり、
図書館等でも使えるため、ワーキングホリデーメーカーにはありがたい。

デンマークはワーキングホリデー制度を使える国としては新しいため、制度に関する情報がまだ少なく、
アルバイト等でも、どの様な制限がなされるかも、これから整備されるはずだ。

ギリシャ

ギリシャは公用語のギリシャ語以外に、英語が話せる人が多いです。、
観光地や市街地ならば英語生活が可能である。

又、歴史も古いため観光に特化した国で有り
ワーキングホリデーの人気は高い。

ギリシャはスポーツも盛んでありサッカーやバスケットボールが特に人気があります。オリンピック発祥の地なので、開会式では一番に入場する。

フランス

フランスはワーキングホリデー制度の定員数が少なく、
ワーキングホリデービザの取得が困難とも言われている。
また、ワーキングホリデービザの取得が許可されても、フランス本国の各県のみで、
海外県などへの渡航は認められていない。

フランスにおいても就職事情は厳しく、また近年労働当局による厳しい取り締まりがされてきており
ワーキングホリデーメーカーが仕事を探すには、
時給など労働条件がきちんと明示されている職場を探したい。

また、インターンシップという手も、ワーキングホリデー利用者には選択できるが、
フランスはコネ社会と言うことでワーキングホリデービザだけ持っていてもすぐには就職先は探せない。
就職斡旋業者に頼むのが一番だが、最低限日常会話クラスのフランス語を話せないと苦しいかも。

フランスでは携帯電話が現地でパスポートさえあれば購入できるのも
ワーキングホリデーメーカーには嬉しいだろう。

recommend

墓石 静岡

固定電話の転送サービスを依頼

中古住宅 リノベーション 京都

最終更新日:2017/9/21